スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

言葉を議論

2011-08-11
ご縁があって、K製薬の方と雑談をする機会に恵まれました。

K製薬さんと言えばみなさんもご存じの、

「あったらいいな!をカタチにする」する会社ですね。

「熱さまシート」

などは、みなさんもご存じのブランドだと思います。

この熱さまシート、どういった経緯で生まれたのかを聞いてしまい
ました。

子供は頻繁に寝返りを打つので、従来の冷えたタオルだと、子供の
額から滑り落ちてしまって、子供の体温を下げる効果につながらな
い。

ということではなく、その先にもっと素晴らしいストーリーがあり
ました。

「冷えたタオルだとお母さんが眠れない」

そうなんです。

お母さんが安心して眠れるためにできた商品が、熱さまシートだった
のです。

これぞ、「あったらいいな!をカタチにする」会社だと思いました。

「あったらいいな」というのは、単純にお客様の声を聞くということで
はなく、お客様を観察することで見つかるということも共有されている
ということでした。

お客様が困っているけれど、当たり前だと思いこんでいること、あきら
めていること、こういったところに、『あったらいいな』のヒントが
隠されているということでした。

K製薬さんでは、言葉の使い方を大事にしているということでした。

時には、言葉遊びのような議論になってしまうことも度々とのことでし
たが、それ以上に効果があると認め合えているので議論することに違和
感がないようでした。

最近では、「プロフェッショナル」とは何か?を議論したこともあるそ
うです。

「できないと言わない人」

「自分で課題を見つけて解決する人」

「自分以外の人との関係の中で、自分のやるべきことを決めている人」

こういった言葉に唯一の正解があるわけではないのですが、議論して
いくことで、自分に人差し指が向いてきて、自分の今の姿はどうなの
だろうか?と刺激と振り返りにはとても効果的なのだそうです。

いい会社は、曖昧なものを曖昧で終わらせない。

普段、当たり前に使われている言葉ほど、その意味が曖昧である場合が
多いように感じています。

言葉を議論することが目的になると、本当に言葉に遊びになってしまい
ますが、大事な局面では言葉を議論する。

こんなことが、方針のなどの共有には必要な場合があるのかもしれませ
んね。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!

スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/55-2442db67

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。