スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

オン=オフ

2011-09-16
オンがあるからオフがある。

当たり前のことですが、とても大事なことだと思っています。

オンとオフは対になる言葉ですが、仕事でも一緒です。

日常の仕事があるからこそ、オフサイトミーティングの意味が
あると思っています。

もう少し、大胆に表現するならば、日常の仕事と切り離された
オフサイトミーティングには、それほどの意味はないのだと考
ています。

オフサイトミーティングを行うことが目的ということであれば
否定はしませんが・・・。

私は、オフサイトミーティングを日常の仕事の振り返りや問い
直しに活用すると効果的だと思っています。

日常の仕事の中で起こる問題に対して、適切かつ迅速に対策を
講じる、これも日常の仕事の一つです。

対策を講じる。

これだけで終わっていいのかといえば、決してそうではないと
感じている人も多いと思います。

そもそも、なぜ、こういった問題が起きてしまったのか?

という原因の追求。

そもそも、どうあるべきだったのか?

という規範の創造。

深く、そして広く、ものごとを観ながら考えていく。

こういったことが必要だということは、頭では良くわかってい
ても、日常の仕事という流れに身を任せながらでは、なかなか
改まって問いかけることが難しいというのも事実なのだと思い
ます。

だからこそ、オフサイトミーティングが必要なのだと思います。

人間は完璧な生き物なのではなく、不完全な生き物だからこそ、
日常という流れから身を解放して、じっくりと話し合ってみる。

日常を離れた空間の中で、仕事の話をする。

気楽に話すだけがオフサイトミーティングなのではなく、時に
は、厳しく向き合う。

深く広く観て考える中から、自分たちの答えを見つけ出してい
く。

答えを見つけ出すまで時間をかける。

ここで終わりなのではなく、日常の仕事に生かしていく、反映
していく。

日常に変化がないのであれば、オフのオフサイトミーティング
も本当の意味でのオフを活かしきれていないということになり
ます。

こういったことが起こるのは、日常の仕事で起きた問題などに
対して、向き合い方が不足している場合が多いように感じてい
ます。

問題があることが問題なのではなく、問題が解決できないこと
が問題。

という価値観。

営業、製造、管理など多様な機能を有する企業の問題は、機能
単位で起こる問題よりも、構造的な要因で起こる問題の方が多
いと思います。

この構造的な問題は、他者への遠慮などがあったのでは、解き
ほぐすことはできません。

真剣に向き合うことが、自律的な問題解決の大事な要素だと思
っています。


人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/82-aaa1099c

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。