スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

オフサイトミーティング活用の達人

2011-09-26
「もったいない『MOTTAINAI』」

この日本語を環境問題の世界共通語として提唱していた、
ワンガリ・マータイさんが死去されたというニュースが
帰宅早々目に飛び込んできました。

ご冥福をお祈りします。

このニュースを見て、日本語というのは、本当に美しい
言葉だなぁということを再認識しました。

例えば、「おもてなし」というのも美しい言葉ですね。

元リッツカールトン大阪の総支配人の高野登氏は、

「以て、成す」という意味で語っていましたが、

ある人は、

「表も裏もない」

という意味で語っていました。

どちらが正しいのか?ということを超えて奥深い意味を
微妙なニュアンスを乗せて発信できる日本語というもの
をこれからも大事にしたいと感じています。

さて、ここからが今日の本題です。

オフサイトミーティングは、何かを変える便利で簡単な
ツールである。

こういった認識を持たれることがあります。

その結末は・・・、何も変わらなかった。

オフサイトミーティングは、

「会社を何とか良くしたい」

という強い想いを持った人たちが主体的に集い、日常の
業務の中だけでは語り尽くせないこと真剣に話し合い、
立場や役割を超えたつながりと実践を生み出す。

こういったことを起源として、自然発生的に生まれた、
話し合いのし方の場でした。

「オフサイトミーティングを何とかしたい」

という思いでは上手く活用できな場合が多く、

「自分たちの力で会社をもっと良くしたい」

こういった思いの人の方が上手く活用できている場合が
多いのはこのためです。

仕事でオフサイトミーティングを活用するシーンは、
大きく分けると2つのパタ-ンが考えられます。

1つ目は、「仕事の振り返りや問い直し」

日常で起きた出来事(事実)に対して誠実に向き合い、
新しい気づきを見つけて、日常の仕事に戻していく
(活かしていく)という活用の仕方です。

これは、月に1回、第2土曜日に開催する、というよう
な定期開催でも可能です。

2つ目は、「未来の創造」

例えば、方針や戦略を検討する、というのがこのパター
ンに該当します。

この場合は、目的に合わせて、期限を設けたり、開催形
態や人選は工夫が必要になります。
やり方が目的に合っているかどうかが、成果の是非に直
結するからです。

この2つのパターンは完全に分離しているわけではなく、
1つ目から2つ目に進化していく場合もあります。

少し、テクニカルな話しになってしまいましたが、
こういったことを知識やテクニックで使いこなせるわけ
ではありません。

絶対条件は、

「何のためにオフサイトミーティングをやるのか?」

これは、自分の働き方を振り返るということでもありま
す。

「他人に言われて仕事をするのか?」

それとも、

「自分の意志で仕事をするのか?」

オフサイトミーティングが上手くいかなくなった。

こんな時は、自分の働き方を振り返ってみると、何かが
見えてくると思います。

見えてくるものが、決して前向きで明るいものばかりで
はありませんが・・・。

人気ブログランキングへ
↑ランキングに登録してみました! ぽちっと応援お願いします!
スポンサーサイト
tag :
コメント:
 高橋さん こんにちは
明日はよろしくお願いしますね。
少し寒いですから 羽織れるものをお持ちになってくださいね。

さて・・・オフサイトミーティングという研修になっちゃう というのは 
目的がはっきりしていないパターンなのかもしれませんね。
目的をはっきりさせると どうやるか・・・に終始するんじゃないかって思ったりして・・・

今まで 社史を作ったり ビジョンを作ったりしてきましたが
こういう場にオフサイトを取り入れると いい話し合いになるんだろうな・・・って思います。
もちろん そもそも論からですね。

ポチッ!
[2011/09/27 08:28] | acb #- | [edit]
acbさん

明日、よろしくお願いします。

「目的」これほど大事なものはないと思いながら、
一番、見失いやすかったり手ごわいものですね。

明日、本当に楽しみにしています。
[2011/09/28 00:37] | hide #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fuudokaikaku.blog.fc2.com/tb.php/90-1a1d3944

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。