スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

愛情ある要求

2013-08-21
IMG_0132_convert_20130821011616.jpg

この掲示板を一目見て驚いてしまいました。

禁煙10日を超えて、少しずつ健康実感を得始めた、今の私のためにあるような
言葉じゃないですか!

この掲示板は、T精機さんの総務のKさんが毎日、これはという言葉を厳選して
カウンターに掲示しているものです。

今日は、長野県駒ケ根市にあるT精機さんでC社版経営者オフサイトミーティング
を開催しました。

お題は、

「経営革新」

サブテーマは、

「経営革新に取り組んでいる社長が最も頑張っていることは何か?」

「何が変わったら変わったことになるのか?」

「会社を変える主体に革新を起こす!」

C社版の経営者オフサイトミーティングでは、各回テーマを設けながら議論を進め
てきましたが、会議室での議論の枠を超えるところまでは進んでいませんでした。

T精機さんの生の革新現場を観ることで、もう一歩踏み込んだ議論に発展させてい
くことが狙いでした。

特に、社員のみなさんが自分の言葉で語る、職場紹介は生で観ないと迫力が伝わら
ないと思っているんです。


IMG_2836_convert_20130821011631.jpg



久しぶりに職場紹介を聞かせてもらいましたが、

「束なり度合いが増している」

こんな印象を持たせてもらいました。

以前は、各部署のスローガンや取り組みが、部署単位で独立しているように感じ
られましたが、各部署が他の部署を意識していることを感じましたし、各部署の
取り組みがボトムから束なり合い、全体として大きな絵につながっているように
も感じました。

たくさんのツルが束なって一本の太い軸になっているような感じでしょうか。

強さとか逞しさを感じました。

ただ、職場紹介が一通り終わると、T精機のA社長はかなり不納得の表情でした。

「今日の職場紹介は全然ダメ・・・」

「支援職がしっかりと関わり練習していないことがわかる」

かなり厳しいフィードバックでした。

客観的に観ても、公正に観ても、確実に職場紹介のレベルは上がっているのだと
思いますが、A社長の要求レベルも確実に上がっている。

ゴールがない追いかけっこのようです。

いつまでたっても褒められないし、完成形がない状態ですからとても大変なこと
なのだと思いますが、常に変化が求められる世の中に向き合うということはこう
いうことなのかもしれませんね。

要求レベルを妥協なくあげていけるということも社員への愛情の証なのでしょう
ね、社員に成長して欲しいということは、

「社員に成功してもらう」

ということと同義ですから。

そういう意味では、私もいいところだけではなく、厳しいフィードバックを意識
的に伝えることが必要だったのかもしれません・・・。

この場を借りてあえてフィードバックさせていただくと、

「今年のスローガンや取り組みが経営にとってどれほど重要なのかを世の中の動
 きやお客様の環境変化など外の視点にも触れながら説明して欲しかった」

要は、今取り組んでいる自社の課題は、なぜ大事なのか?どれくらい大事なのか?

というそもそもの話が少なかったように感じたからです。

ただ、これに答えることは決してやさしくはないのだと思います。

外部環境は常に変化していますから、世の中を広い視点で観て、深く洞察し続け
ていることが必要になりますね。

先日のブログで、労働市場の変化を取り上げましたが、このことと無関係ではな
いと思うのです。

「これが課題だから上手くやっておいて」

で済んでしまうような仕事なら、請け負ってくれる人はいくらでもいますし、
これはインターネットというテクノロジーの進化によって世界中から調達するこ
とも可能になります。

課題形成そのものを担えるような人材でなければ、企業にとっては直接雇用する
意味が薄れていくのではないかと思われます。

A社長の要求レベルを超えることができれば、これからの労働市場でも十分以上に
価値を生み出せるのかもしれませんね。


T精機のみなさま本当にありがとうございました。




人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!


tag :

労働市場の変化

2013-08-18
IMG_5623_convert_20130818222132.jpg



IMG_3568_convert_20130818222115.jpg



二子玉川の河川敷で行われる、世田谷区の花火大会に行ってきました。

この花火大会は多摩川の反対側にある川崎市の花火大会と同時開催な
ので、目の前でも後ろでも花火がどんどん打ち上がりとても豪華です。

そして、子供連れにはありがたいのは事前に有料席を販売してくれる
ので、ゆっくりとシートに座りながら花火を楽しむことが出来ます。

1歳2カ月の息子にとっては初の花火大会、最初は大きな音に驚き、
泣いてしまいましたが、途中からは大輪を指さしながら興奮して大声
を出したり、大いに楽しんでくれました。

さて、お盆も終わり、花火大会も終わり、私が子供のころは、

「夏の終わり・・・」

というちょっと寂しいイメージでした。

ところが、今年もそうですがまだまだ猛暑が続いてしまい9月になって
も真夏日が続きそうな予報が出ています。

暦と季節感がずいぶんとズレてきている、こういうところからも世の中
が変化しているように感じてしまいます。

ここ最近の世の中の変化で着目しているのは、

「境界線の曖昧さ」

でしょうか。

ビジネスの世界には、物理的な制約を前提としているような境界線が
たくさんありますが、ずぶんと前提が崩れてきているように感じます。

例えば、コンビニのドリップコーヒー。

ルノワールのような喫茶店 → スターバックスのようなコーヒーチェーン

そこにマクドナルドが100円コーヒーを強化、しかも味はそこそこに
美味しい。

ダメ押しは、コンビニ各社が店舗にサーバーを置いて気楽にドリップ
コーヒーを販売する。

コンビニの影響力の大きさは、店舗網の強大さでしょうか。

ちなみにコーヒーチェーンの店舗数は

1位:ドトール 1115店舗

2位:スターバックス 966店舗

3位:タリーズ 461店舗 

※2012年の比較

そして、コンビニの店舗数は、

1位:セブンイレブン 14807店舗

2位:ローソン 11151店舗

3位:ファミリーマート 9182店舗

コーヒーチェーンとは比較にならいほど、コンビニの店舗数のカバー
領域は強大です。

主力業態が、着席飲料のこーひーちぇーんとテイクアウトのコンビニ
では違っていますが少なからず影響は生じているはずです。

同一業態のみを競合として意識していれば済んでいた時代は終わり、
業態が曖昧になり、いつの間にか予期せぬ競合が出現する。

競争が業態を超えて激しくなれば、当然のように価格競争も激しく
なっていきます。

これを非難するような声もあるようですが、市場全体は確実に活性化
していますし、私たち顧客にとっての便益も確実に向上していることは
確かです。

このあたりの話はほんの一例で、私が注目している境界線の曖昧さが
生じている市場は、

「労働市場」

です。

一般的には、個人事業主などを除く大部分は、何らかの組織に属すること
で仕事をしているのだと思います。

企業が成長する=従業員数も増える

この当たり前の構図が崩れてきています。

グーグルやフェイスブックなどの成長企業の従業員数は売り上げ規模だけ
でみてみると決して多くはないようなのです。

成長のために従業員を雇用する必要性がなくなってきているということで
す。

では、労働力という資源が不要になったのかというとそうでもありません。

雇用以外で労働力を容易にしかも質の高い労働力を雇用するよりも安価に
調達できるようになったからだと思われます。

先に書いた、コンビニの話もそうですが、この労働市場の変化の裏側にも
テクノロジーの進化があることは見逃せません。

ちなみに、コンビニでコーヒーをはじめても店員を増員したという話は聞
いたことはありませんね。

オペレーションテクノロジーの進化が支えているのだと思います。

労働市場の変化の話は、地球上というとても大きなスケールで起こってい
ます。

このあたりはもう少し詳しく書いてみたいので、次回も引き続き労働市場の
変化を取り上げてみたいと思います。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!



tag :

錬時間術

2013-08-16
今年に入ってから体調を崩してしまうことが多く、どうしたものかと
悩んでいましたが、思いきって禁煙してみることにしました。

今日で一週間達成!

昨日あたりまで、

「タバコが吸いたい・・・」

という禁断症状のようなものがありましたが、今日あたりからまったく
なくなりました。

しかも、名古屋駅の新幹線ホーム上の喫煙コーナーに近寄ってみると、

「気持ち悪い・・・」

晴れて喫煙と決別できた実感を強く得ることができました。

禁煙しようと思ったのは、体調面だけではなく、今年から意識的に新しい
仕事にチャレンジしていて、その時間を確保したかったからでした。

私の信念は、

「家族のために夢を追う!」

ですから、家族との時間を犠牲にして仕事に充てるというのはあってはなら
ないことです。

何よりも子供と一緒に過ごす時間は宝物ですから。

ではどうやって時間を捻出するかですが、手っ取り早かったのが禁煙でした。

タバコ1本を吸う時間5分×20本=100分

その他、タバコの購入などの関連の時間を20分とすると、120分=2時間。

なぜ、今まで気づかなかったのか、衝撃的な時間でした。

毎日、120分もタバコを吸うことに費やしていたのです。

年換算では、120分×365日=43,800分=730時間=約30日=1ヵ月
こういうことにまったく気付かず、

・通勤時間でやること

・移動時間にやること

などを事前に決めて30分単位で仕事をしてきました。

年間で約1ヵ月もの新しい時間を確保することができましたので、家族との時間を
大事にしながら新しい仕事にどんどんチャレンジ出来そうです。

「忙しい、時間がない・・・」

今まで、無駄をなくしたり、仕事を整理したりと、時間の捻出に取り組んではきま
したが、どういうわけか喫煙は無意識に聖域となっていました。

人間は、困ったり、悩んだりすることを解決していくことで成長すると言われてい
ます。

禁煙するまでは、本当は困っていなかった、悩んでいなかったのかもしれません。

ゼロベースで自分の時間を見直す。

ここにたどり着くまでに、相当の時間を費やしてしまいました。

ここから得られた時間を大切にしていきたいと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




tag :

駒ヶ根版 経営者オフサイト

2013-07-18
IMG_1368_convert_20130718113100.jpg


テクネット駒ヶ根主催の「経営の目的を考える」

駒ヶ根地域の後継者が集い、自分の経営の目的を考える会の第二回目
が開催されました。

あれ、まだ二回目なの?

そうなんです、トライアルや体験版を二回ほど実施していますので、
実際は4回目の開催になります。

経営の目的を考える今回の切り口は、

「人生で一番悔しかったことは?」

悔しいという感情の裏面には無意識かもしれませんが、大事にしている
ことやこだわっていることがあるという仮説からスタートしています。

・取引先に転職した社員がクレーム対応で登場し嫌味を言われた

・お前だと話にならないので社長を出せと言われた

・社長の息子なんだから出来て当たり前と思われたり比べられたりする

・課長→部長→役員とスピード出生しているが周りから認められていない

・製品不良が起こり自社加工を問題にしていたが、あとで外注加工の問題
 だとわかったとき社員から「そうだと思ってましたよ・・・」という
 一言をもらったとき


感情の大小には個人差がありますが、悔しい思いと言うのは誰にでもある
ようでした。

ただ、この悔しさバネにして前向きなエネルギーに変えられるのか?

それとも、不満や他責の方向に流されてしまうのか?

大きな分かれ道があると思っています。

ちなみに、私が悔しかったことベスト3も紹介させてもらいました。

•長いお付き合いのお客様から「スコラさんは変わらないですね」と言われて、
返す言葉がなかった。

•不満でスコラを辞めた人が会社に遊びにきて、相も変わらずスコラの悪口を
 言っていたのを聞いて怒りを我慢してしまった。

•リーマンショック後の入社二年目の銀行担当者から横柄な対応を受けたが
 下手に出てしまった。

実は私は、今も昔もコンサルティング会社が好きではないのですが、
スコラ・コンサルトという会社を知って、

「コンサルらしからぬ会社で、これなら本当に役に立つ仕事ができる」
と思って入社しました。

上記の悔しいと思った場面で気づいたのは、自分では他とは違うと思って
いても外からそう見られているとは限らない。

「会社が社員を変える」から「社員が会社を変える」という世の中レベルでの
パラダイム転換がスコラ・コンサルトの存在意義を持っています。

ただ、この存在意義は、自分たちができる範囲、想像できる範囲という制約の
中で実践しているのだと強く思うに至りました。

それなら、存在意義意義を変態やバカと言われるくらい追求してやるぞ。

悔しさだけで経営の目的を考えられるとは思ってもいませんが、経営の目的を
磨く切り口には有効だったと思えています。

次回以降も様々な切り口から経営の目的を考えていきます。

そうそう、恒例の懇親会の後に、

「いつか東京で開催して欲しい」

という参加者からの声がありました。

駒ヶ根の冬は厳しいので、2014年1月は東京のスコラ・コンサルトで実施する
方向になりそうです。

東京で実施!

であれば面白い企画を考えないと・・・。

スコラのYさんが主催している後継起業家とコラボすることなども考えれば、
きっと面白い企画になるのではないかと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!


tag :

シンガポール株式会社

2013-06-30
IMG_7972_convert_20130630214819.jpg

シンガポールに会社設立準備で出張しました。

インドネシアの焼畑が発生源と言われる煙害(ヘイズ)の影響が心配され
ましたが、到着してみると視界は良好でした。

シンガポールに日本から同行してもらったMさん、Yさんは大きめのスーツ
ケースにマスクを数ケースも買い込み持ちこんでくれました。

もちろん、自分たち用ではなく、シンガポールでお会いする方々へのプレ
ゼントです。

事前の情報で、マスクが売り切れと聞いていたので、二人とも薬局を駆け
回って買い集めてくれまいした。

煙害はおさまっていましたが、日本製のマスクは高性能、そしておしゃれ
で大好評でした。

シンガポールに設立した新会社は、

「SCHOLAR CONSULT ASIA PTE.LTD.」

シンガポールは日本とは違って、会社設立の手続きが驚くほど便利で、
電子手続きのみで済んでしまいます。

現地での口座開設は、会社設立後にしかできないので、6月19日に登記を
済ませ、今回の出張では、口座開設、オフィス契約、関係者への挨拶など
を行いました。

シンガポールに新会社を設立しようと決めたのは、6月の前半でしたから、
超特急で設立まで進めてしまいました。

現地の方とはスカイプでやり取りを進めていましたが、やはりスピードが
早い!

次々と判断を求められます。

これはこれで、なんとも心地がいい仕事の進め方で、すっかり私自身が
楽しんでしまい、設立にいたりました。

そもそも、どうしてシンガポールに会社を設立したのか?

「風土改革をユニバーサルデザインにする」

これを目的にしています。

日本以外に風土改革の需要はあるの?

という声も聞かれそうですが、私の感覚では日本以上にあると思って
いるのです。

最初は、アジアに進出している日本企業がお客様になりますが、日本
からの駐在員が現地会社の社長を務めていることがほとんどです。

それ自体は問題ではありませんが、日本からの駐在員はいずれ日本に
帰ってしまうことがほとんどです。

社長が変わっても強い会社や組織をつくり続けなければならないとい
う命題が現地にはあります。

ここを風土改革で支援するということになります。

シンガポールの商工会議所さんも同様の問題意識を持っていて、

「リーダー研修は効果がない」

と話されていました。

どこもかしこもリーダー向けに、

・異文化理解

・グローバルリーダー

リーダーが変われば会社が変わるという考え方はシンガポールでは
通用しないし、現地の人材を変えることもできないということでした。

・日本とシンガポールをつなぎ両輪で支援して欲しい

・リーダーだけではなく、組織にアプローチして欲しい

こういうことを改めてお願いされました。

ただ、日本でやっているカタチ、そのままを輸出してもきっと上手くは
いかないので、シンガポールで現地の方々を交えながらビジネスそのも
のやサービスモデルを開発していくことにしています。

この開発の方向性が、ユニバーサルデザインです。

風土改革の担い手は誰か?

自分たちの会社は自分たちの力で良くしていく。

これがスコラが最も大事にしている考え方ですから、風土改革の担い手
はスコラだけではありません。

本当の担い手は、会社の中の人たちですから、ここを増やしていくのが
私たちの本当に役割だと思っています。

「担い手を増やす」

だからこそ、ユニバーサルデザインにこだわりました。

日本という単一文化を超えて、複数の文化が当たり前の状況として存在
しているシンガポールで開発できれば、きっと日本にも素晴らしいもの
を逆輸入できるのではないかと思っています。

本格的な営業開始は、9月9日に予定している開所式の後になります。

この開発をお客様、そして多様な文化を取り入れながら進めていきたいと
思っています。

とはいっても、経営者オフサイトミーティングシンガポール版は輸出型で
やってきたいと思っているんですが・・・。

開発を先行させながら、営業を進めていきますので、出来る限り固定は
最小限にしようということで、オフィスはサービスオフィスを使うこと
にしました。

IMG_0613_convert_20130630214800.jpg

さっそく、現地を見学に行くと、入口にウェルカムボードが用意されて
いていました。

おもてなしの心は日本だけではないようですね。

風土改革=FUUDOKAIKAKU

ということになるかどうかは革新が持てませんが、日本で風土改革を
私たちと一緒に担ってくれたたくさんの方々のためにも風土改革を
ユニバーサルデザインに近づけ、担い手の方の仲間づくりに貢献でき
るように努力していきたいと思っています。



人気ブログランキングへ
↑ランキングにぽちっと応援お願いします!




tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。